パニック障害の引き金


パニック障害が治った!

パニック障害が治った!HOME    Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録   はてなブックマークに追加はてなブックマークに登録   Google Bookmarks に追加Google Bookmarks に追加

パート2  パート1に移動>
パニック障害と眼精疲労
パニック障害と胃腸障害

パニック障害と虫歯

パニック障害の引き金
パニック障害と睡眠障害
パニック障害と毒親
パニック障害と仕事
パニック障害と恋人(彼氏彼女妻夫)
パニック障害と腰痛
パニック障害とうつ病
パート1へ>

パニック障害の引き金

直接的な引き金は、自分が嫌だなと思う状況(電車・レジ待ち・長時間の拘束など)になりますが、ここではそうでなく、初めてパニック障害の発作を起こした時の精神的な原因の話をしたいと思います。

たまたま体調がすぐれない、体に痛いところがあるなどすると、神経が高ぶってパニック発作を起こしやすい状態になります。そういったときに、余計に神経を高ぶらせるようなストレス・悩み・怒りなどがあると、パニック発作が起こると私は考えています。

たまたま体調がすぐれない、体に痛いところがあるなどは、なるべくそうならないように日頃から注意するしかありません。そういった注意をしながらも、精神的な悩みの方に目を向けて、じっくりと考えて欲しいのです。

私の場合は仕事の内容、仕事量の多さ・上司との人間関係に悩んでいました。 もっと根本までさかのぼれば、親との確執・長年の怒りや恨みがあったと思います。

もちろんこれらの心の傷を癒すため、心理療法が役立つのですが、そこまでしなくても、その原因に気付くだけでも相当気分が変わります。

「あっ自分はこのことに、こんなに腹を立てていたんだなぁ」とわかるだけでも、自分が救われます。

     
 

[▲最上部へ移動]

お勧め商品 休職・退職でお金に困らない方法自宅療養しながら、お金を稼ぐ
 
Copyright(C) 2007-2017パニック障害が治った! All rights reserved.
当サイトの全ての文章・画像の無断複製・転載を禁止します。
あなたにすべての良きことが雪崩のごとく起きますように!!!