自律訓練法


パニック障害が治った!

パニック障害に関連する書籍紹介
  パニック障害・うつ病に役立つ書籍あれこれ  詳細はこちら>>

休職・退職でお金に困らない方法
  「お金の心配」を防ぐ方法あれこれ。もらえるお金は少しでも、多くもらいましょう。 詳細はこちら>>


パニック障害が治った!HOME    Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録   はてなブックマークに追加はてなブックマークに登録   Google Bookmarks に追加Google Bookmarks に追加

パート1  パート2に移動>
あらすじ・経過
パニック障害
の原因
パニック障害
の判断基準
自律訓練法
認知行動療法
関連する本
断薬方法
頓服薬が不要に
なる簡単な方法
心のあり方
効くツボ
効く
体操・運動
関連リンク
猫背・肩こり
解消その1
猫背・肩こり
解消その2
管理人自腹で
情報商材に挑戦
心の深いキズが
癒されるCD
薬物なしで克服ヒーリングシークレット
まわりへの説明
発病本人の
PD克服方法
臨床心理士の
PD克服ノウハウ
うつ病克服
ノウハウ
休職・退職でお金
に困らない方法
自宅療養しながら
、お金を稼ぐ
パニック障害
の再発
管理人自己紹介
相互リンク
サイトマップ
パート2へ>

自律訓練法は、1932年にドイツの精神科医であったシュルツによって体系化されました。彼は催眠に誘導された人が腕や脚に重たさや温かさをしばしば報告するという事実から、その感覚を自己暗示により生じさせ催眠状態をつくることを考案しました。

メンタルトレーニングの本で読んだのですが、サッカーの中村俊介選手も、フリーキックの直前に自律訓練法を行っているということです。トレーニングを積めば、一瞬でリラックスした状態に持っていけるということなのでしょう。

自律訓練法のやり方

1.準備と姿勢 ゆったりとした気分・姿勢で椅子に座り、両手はひざの上に置きます。

2.6つの公式
  1. 手足が重たい
  2. 手足が温かい
  3. 心臓が静かに打っている
  4. 楽に呼吸している
  5. お腹が温かい
  6. 額が心地よく涼しい

3.消去動作 のびなど、体を動かして、意識をはっきりさせる。

心と体の緊張をほぐすのが目的になります。 これに代わる方法としては、座禅や瞑想・深呼吸が効果的だと私は考えています。

     
 

[▲最上部へ移動]

お勧め商品 休職・退職でお金に困らない方法自宅療養しながら、お金を稼ぐ
 
Copyright(C) 2007-2017パニック障害が治った! All rights reserved.
当サイトの全ての文章・画像の無断複製・転載を禁止します。
あなたにすべての良きことが雪崩のごとく起きますように!!!