頓服薬が不要になる、簡単な方法


パニック障害が治った!

パニック障害に関連する書籍紹介
  パニック障害・うつ病に役立つ書籍あれこれ  詳細はこちら>>

休職・退職でお金に困らない方法
  「お金の心配」を防ぐ方法あれこれ。もらえるお金は少しでも、多くもらいましょう。 詳細はこちら>>


パニック障害が治った!HOME    Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録   はてなブックマークに追加はてなブックマークに登録   Google Bookmarks に追加Google Bookmarks に追加

パート1  パート2に移動>
あらすじ・経過
パニック障害
の原因
パニック障害
の判断基準
自律訓練法
認知行動療法
関連する本
断薬方法
頓服薬が不要に
なる簡単な方法
心のあり方
効くツボ
効く
体操・運動
関連リンク
猫背・肩こり
解消その1
猫背・肩こり
解消その2
管理人自腹で
情報商材に挑戦
心の深いキズが
癒されるCD
薬物なしで克服ヒーリングシークレット
まわりへの説明
発病本人の
PD克服方法
臨床心理士の
PD克服ノウハウ
うつ病克服
ノウハウ
休職・退職でお金
に困らない方法
自宅療養しながら
、お金を稼ぐ
パニック障害
の再発
管理人自己紹介
相互リンク
サイトマップ
パート2へ>

私はこの方法を知るまで、電車に乗るときや長めのドライブ時には頓服薬を飲んでいました。頓服薬は突然の発作に効果があり、事前(30分くらい前)に飲んでおけばほぼ100%発作を起こさないで済みます。

しかしよく効く薬にはそれなりに副作用もあります。私はソラナックスという薬を飲んでいましたが、イヤだった副作用は、強い眠気と、薬に依存性がある事でした。

たまたま健康雑誌で見かけた「小指テープ(小指湿布)」という方法なのですが、これでパニック障害が解消されたという記事を読みました。

以下、記事の要約です。

「京都府に住むAさん(63歳)は、不眠に加えて閉所や高所で不安になり、動悸や発汗が強くなるパニック障害に悩まされていました。 Aさんは、医院で薬の服用とともに、小指テープとバランスボトルも自宅で行うようにすすめられました。 小指テープを両手にはり、入浴以外の時間帯はつけたままにしました。また、バランスボトルは右手の親指と小指で持ち、前後に数十回振るのを毎日続けることにしたのです。

すると二週間後、Aさんは不眠や冷や汗が和らぎ、寝つきも良くなっていることに気づきました。 不眠やパニック障害が徐々に軽快するにしたがって、首と肩のこりもほぐれていくのがわかりました。その後もずっと続けたおかげで、今では外出も苦にならなくなり、飛行機で旅行に出かけることもできます。なにより気持ちが前向きになり、精神的にもらくになったので、本当に助かっています。」

ここまで。

管理人が小指テープを貼った感想。

貼ってすぐに、肩こりが楽になりました。車を運転中に発作が起こりそうになっても、以前のような耐え難い状態になる前に、リミッターがかかります。発作自体起こらないか、起こっても軽いので外出が楽になります。

私は小指テープを貼りはじめてから半年以上経ちますが、それから一度も頓服のソラナックスは飲んでいません。

小指テープの貼り方

用意するもの

ハサミ 湿布(冷感タイプのパップ剤) テーピングのテープまたは絆創膏

1.湿布を7ミリ×7ミリの大きさに切り取る

2.切り取った湿布を小指(症状が出る側)の第一関節と第二関節の間にはる。

3.湿布の上から絆創膏かテープで止める。ただし、強く巻き過ぎないように注意する。

画像だとこんな感じです。(左手の場合。)わかりやすいように湿布の位置をマーカーしてあります。

より詳しく知りたい方はこちら↓

わかさ 2009年 01月号 [雑誌] Amazon
 

     
 

[▲最上部へ移動]

お勧め商品 休職・退職でお金に困らない方法自宅療養しながら、お金を稼ぐ
 
Copyright(C) 2007-2017パニック障害が治った! All rights reserved.
当サイトの全ての文章・画像の無断複製・転載を禁止します。
あなたにすべての良きことが雪崩のごとく起きますように!!!