まわりへの病気の説明


パニック障害が治った!

パニック障害に関連する書籍紹介
  パニック障害・うつ病に役立つ書籍あれこれ  詳細はこちら>>

休職・退職でお金に困らない方法
  「お金の心配」を防ぐ方法あれこれ。もらえるお金は少しでも、多くもらいましょう。 詳細はこちら>>


パニック障害が治った!HOME    Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録   はてなブックマークに追加はてなブックマークに登録   Google Bookmarks に追加Google Bookmarks に追加

パート1  パート2に移動>
あらすじ・経過
パニック障害
の原因
パニック障害
の判断基準
自律訓練法
認知行動療法
関連する本
断薬方法
頓服薬が不要に
なる簡単な方法
心のあり方
効くツボ
効く
体操・運動
関連リンク
猫背・肩こり
解消その1
猫背・肩こり
解消その2
管理人自腹で
情報商材に挑戦
心の深いキズが
癒されるCD
薬物なしで克服ヒーリングシークレット
まわりへの説明
発病本人の
PD克服方法
臨床心理士の
PD克服ノウハウ
うつ病克服
ノウハウ
休職・退職でお金
に困らない方法
自宅療養しながら
、お金を稼ぐ
パニック障害
の再発
管理人自己紹介
相互リンク
サイトマップ
パート2へ>

これはなかなか難しい問題だと思います。もちろん周りの人がみんな、この病気を理解してくれるのが一番良いです。しかしこれがなかなかうまく伝えることができません。 おそらく発病前の自分でも、自分に説明されてもピンとこなかったと思います。

私の場合には家族で知っているのは両親だけです。これは親に病院に連れて行ってもらっていた関係で、自然に知れてしまったという事です。パニック障害の本も親は読んでいるのですが、どうも心の病つながりで「うつ病」みたいなもの、という認識のようです。

私は薬の離脱症状で、一時的にうつ病も経験しました。うつ病は24時間辛い、悲しい気分になる病気で、パニック障害とは感覚が違います。パニック障害はとにかく、発作が起こったらまずい場所に行くのが怖い、あとは発作の痛みと苦しみそのものが辛い、という感覚です。

うつ病は常に悲しい気分で瞬間瞬間がずっと辛いです。 パニック障害は、なんでもないときは平気だがある場所、ある条件の時だけものすごく恐ろしい気分と激しい発作を味わいます。 個人的にはうつの方がずっとしんどいと思いました。

まわりへの病気の説明の話に戻りますが、親しい友人には説明してあります。説明しないとみんな、メンタルの病=うつ病だと思われてしまいます。確かにうつ病のほうが説明はしやすいですね。落ち込んだ気分というのは誰でも経験がありますから。

また別の友人達と会っているときに発作が起こってしまって、やむなく説明したこともありますが、パニック障害という言葉は聴いたことがあっても、やはりピンとこないみたいで、みんなに「気のせいだよ」と言われちゃいました。 確かに、気(怖いと感じる気持ち)のせいではあるのですが、ニュアンスが伝わらないですね。あの怖さがね。

     
 

[▲最上部へ移動]

お勧め商品 休職・退職でお金に困らない方法自宅療養しながら、お金を稼ぐ
 
Copyright(C) 2007-2017パニック障害が治った! All rights reserved.
当サイトの全ての文章・画像の無断複製・転載を禁止します。
あなたにすべての良きことが雪崩のごとく起きますように!!!